体験者の声 人材 育成

体験者の声

HOME >  人間力向上事業部  > 体験者の声

コミュニケーション法:体験者の声

人前で話すことが身につきました。    2008年度卒業生 清水 雄大さん

今はスポーツ用品販売の仕事をしていますが、実際仕事をしていて授業の大切さを実感しています。正直、学校に行っている時は「こんなの必要なのかなぁ。」と思うことがたくさんありました。しかし今考えると、すべての授業に意味がありました。

 

特に仕事で一番重要なこととして、[人前で話す・自分の考えを伝える]ことがものすごく大切です。僕はあまり前に出ないタイプなので、人前で話すなどは大の苦手でした。しかしコミュニケーション法の授業で、人前に出て話をするトレーニングを多くしました。そのおかげで人前で話すのが恥ずかしくなくなり、自分の考えを自分の言葉で表現できるようになったと思います。

 

これが仕事を始めてから一番身にしみて実感出来たことです。

他にもキャンプ実習での組織のあり方や、スポーツ大会の実行委員を通して人の動かし方、その時その時は楽しんでいただけでしたが、今となってみればすべて社会に精通し、仕事をする上で重要な基礎になったと思います。

 

【学生実績】

・2年次SOLキャンプトレーニング参加

・2年次スポーツ大会実行委員会

・2年次キャンプリーダーとして1年生引率

・新入社員代表挨拶(スポーツメーカー)

 

 

 

 

仕事に生かしてます。    2009年度卒業生 笠原 将太さん

これまではわからなかった社会の中での上司との付き合い方や仕事に臨む姿勢をコミュニケーション法の授業を通して学び、今の私の仕事にも生かすことができています。校内のスポーツ大会の実行委員をした時は、信頼関係がすごく大切なことに気がつきました。

 

スポーツ大会とキャンプ実習で、1人1人目的を理解して仕事をする重要性や、全体を把握していないとスムーズに仕事も進めないし、1つ遅れると周りに迷惑がかかるということを実感しました。当時私が店長を任されたアルバイト先の店の運営にもこれらの経験を生かしました。

 

最初は精一杯で他のスタッフにまで気を使えず、なかなかうまくコミュニケーションも取れなく苦労しました。そこでまずはコミュニケーション法で学んだ信頼関係を築くことが店の売り上げにも関わると思い、自ら雑用をやり事務の仕事だけではなく可能な限り現場に出て、仕事以外のプライベートな話もし、スタッフとのコミュニケーションを取りました。すると他のスタッフも少しずつ仕事へのやる気が出てきて店に活気が出始め売り上げも上がってきましたし意見も言ってくれるようになりました。

 

店でも全員が全体を把握できるように各時間帯のタイムスケジュールを作ったり、手が空いた時にはいろいろな席に座ってみたり、店の周りを一周してみたり様々な角度や視点で見てみると、今まで働いていてわからなかった事にも気がつくことができました。

 

【学生実績】

・1、2年次SOL+キャンプトレーニング参加

・2年次スポーツ大会実行委員

・2年次キャンプリーダーとして1年引率

・1年次アルバイト先(飲食店)店長就任(全国チェーンで売り上げ1位にする)

・2年次に2店舗店長(2店舗で全国売上1位・2位達成)

その他学生実績・スポーツショップ月間売上全国1位

・飲食店 ALL Japan Crew コンテスト店舗代表

・飲食店ホールリーダーとして売り上げ率全国1位    など

その他学生実績

・スポーツショップ月間売上全国1位

・飲食店 ALL Japan Crew コンテスト店舗代表

・飲食店ホールリーダーとして売り上げ率全国1位

                                など

  • メールでのお問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちら

株式会社 エス・オー・エル・プラス

ほんの少しの「+プラス」で、より充実した毎日、人生を提供します。